【製品情報】プロジェクション・シュリーレンシステムがNHK番組に取り上げられました。

西華デジタルイメージ > SDI blog > 【製品情報】プロジェクション・シュリーレンシステムがNHK番組に取り上げられました。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【製品情報】プロジェクション・シュリーレンシステムがNHK番組に取り上げられました。

NHK教育番組【デザインあ】の番組「見えないものを見る」のコーナーにて、当社取り扱いのポータブル・シュリーレンシステムが取り上げられました。

「見えないものを見る」のコーナーの名前の通り、「見えないものを見る」ために、シュリーレン撮影を行いました。

シュリーレン撮影法とは、19世紀に開発された可視化技術です。

大気中に透明な気体を噴出しても、その流れは人間の目では見ることができません。
しかし、流れの中で大気中の密度が異なる場合、その場所を通る光は屈折を起こします。

シュリーレン撮影法は、この密度変化を利用して、明暗像を映し出す可視化手法として確立している技術です。

しかし、これまでシュリーレン撮影を行うためには、緻密で繊細な光学系の調整が必要で機器のセットアップには制約があり、また、その撮影範囲も非常に限られたものでした。
西華デジタルイメージのポータブル・プロジェクション・シュリーレン法は、従来のような複雑な光学系は持たないため、光学調整は必要ありません。
また、機器構成はコンパクトにまとまっているため、環境を選ばずに可視化撮影することが可能です。
そして、世界でも類を見ないプロジェクション方式である為に、撮影範囲が大きく設定できることも、大きな特徴になっております。

室温に対する温風や冷風の流れ、大気中の温度変化の流れ、大気に対するガスリーク、排気の流れなど、様々なアプリケーションに対応いたします。



製品のお問い合わせは、こちらからご遠慮なくお申し付けくださいませ。

西華デジタルイメージ 一同






  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加