TOP > 計測機器 > ポータブルプロジェクションシュリーレン

ポータブルプロジェクションシュリーレン

シュリーレン法とは(ポータブルプロジェクションシュリーレン)

ポータブルプロジェクションシュリーレン

ポータブルプロジェクションシュリーレン

シュリーレンは19世紀に開発された手法で、ナイフエッジなどの光束カットフィルターを用いて、光束上に出来るかすかな差分が、画像では大きな差分となって現れることを利用し、温度、密度、圧力や結合など重要な物理的パラメーターに起因する、空気や水中での歪み可視化の一般的な技術です。
従来のシュリーレン装置ではミラーやレンズにより作られた平行光を用いたために計測領域が限られ、広範囲の画像を取る場合は様々な制約がありました。
Spectabit Optics社のポータブル プロジェクション シュリーレン装置はデジタルフォーカシング(US Patent 9,232,117 B2)を用い、複雑な装置構成や光学調整を必要とせずに、簡単に広範囲のシュリーレン画像が取れる画期的なシステムです。まず、デジタルプロジェクターから映し出されたラインパターン(Fig.1 )をバックにします。
計測したい対象物をカットオフフィルター、カメラが一体となっている光学系 sTube(Fig.2 )で撮影します。このとき焦点はスクリーンやカットオフフィルターではなく、計測したい対象物に合わせます。仮にスクリーンのラインパターンが大きくても、また焦点が完全に合ってなくても十分に浅い焦点深度(Depth of Focus)が取れるのです。温・冷風、蒸気、衝撃波は歪みとしてスクリーン上のラインパターンを背景に、カットオフフィルターを通してカメラ等のイメージセンサーに光量変化として現れます。このようにして装置の感度はとても高く、人の手のひらから出る微妙な熱気も計測することが可能となるのです。

特徴

特徴
  • 一体型光学系、グリッド投影用プロジェクタ、制御ソフトのシンプルな構成
  • 光学設定が簡単で、誰でも簡単に使用可能
  • スクリーンは白い壁でも代用可能で、光学系は可搬式なので場所を選ばず計測が可能
  • 高感度撮影
  • ハイスピードカメラによる時系列撮影にも対応

用途

用途

用途
  • 熱対流
  • 衝撃波、衝撃音、ノイズ
  • ガスリーク、排気
  • 各種温度・圧力変化等

システム構成例

システム構成例

システム一覧

関連製品のご紹介

製品に関するお問い合わせ

ご購入・資料請求はこちらよりお問い合わせ下さい。