粒度分布計(FLD)

FLD-3008シリーズ

商品イメージ1 商品イメージ2 商品イメージ3 商品イメージ4 商品イメージ5
商品イメージ1
  • 自動車,建築,マテリアル,製薬・化学,航空・宇宙,電力・エネルギー,流速,噴霧,エンジン,粒子径・排ガス,FLD,食品,EV・バッテリー,材料・物性,燃料電池
メーカー名:Seika Digital Image
粒度分布計(FLD)インテリジェント 乾式 レーザー粒子径分析装置

FLD-3008シリーズ

FLD-3008シリーズは、マニュアルとフルオートマチックオペレーションを備えたインテリジェント乾式レーザー粒子径分析装置です。ミー散乱を基本原理とし、光を変換するフーリエ変換光路、高安定なHe-Neレーザーと高感度リング状光電子検出器は、繰り返し精度と正確性を約束します。
分散の媒体としてエアーを使用して、試験体を完全に分散させるため、パウダースプレーポンプ(特許出願)とオイルフリー静音エアー源の高精度フィーディング装置により乱流分散を用います。これは、どのようなドライパウダー、特に水と化学反応するパウダーや液体中で形状が変化するパウダーにフィットします。湿式レーザー粒子径分析装置と同等の正確性と繰り返し精度です。

製品特徴

  • 先進の測定光路
    光をフーリエ変換する特許技術は、散乱光をレンズ開口に制限を受けないようにします。
    主検出器と大補助検出器は検査範囲で全ての散乱光を効率よく集めて、検査の正確性と全ての範囲において信頼性を確実にします。,サイエンティティック分散システム
    乱流分散と通常の衝撃せん断効果は、粒子を十分に分散させます。
    これらの機能により、分散システム自体の耐久性が改善されました。,オペレーションモード
    マニュアルとフルオートマチックが簡単に選択出来ます。,高精度、自動光路キャリブレーションシステム
    精密な四相ハイブリッドスッテッピングモーターにより構成され、微調整精度はマイクロレベルに達し、光路を常に最適状態にします。,インテリジェントデーター分析 - 独自のソフトウェアサポート
    分析ソフトウェアは、高速で大量のパーティクル情報を集めて、フリーフィッテイングテクノロジーにより逆パーティクル分布、そしてテストデーターのインテリジェント統計と分析は、出力の正確性と繰り返し精度を確実にします。,結果は粒子分布表示だけでなく、累積値曲線と典型的なパーティクルサイズ(D10,D50,D90)を示しますが、パーティクル直径D0 からD100、累積パーセント(特定のパーティクル直径以上あるは以下)のようなユーザー定義の分析結果をサポートします。,ユーザーフレンドリーにより、レポート出力とディスプレイ形式をカスタムデザインすることができます。
製品特徴

製品仕様

測定原理
フラウンフォーファー式レーザー回折法
方式
乾式(空気分散型)
粒子径
・FLD-3008A
・FLD-3008B

0.1μm-2000μm
0.1μm-1200μm
受光チャンネル数
100
計測精度
〈 1% (CRM D50)
再現精度
〈 1% (CRM D50)
使用レーザー
ヘリウムネオンレーザー 632.8nm p>2.0mW
分散法
乾燥乱気流分散モード、衝撃波剪断法
操作モード
マニュアル / フルオート
供給
自動振動供給
光軸調整
自動
動作環境
5℃ ~ 40℃
寸法
L1040 × W440 × H540mm
重量
58kg
特徴
側方デテクター有(高精度)
国際規格
ISO13320:2009,GB/T19077-2016,Q/0100JWN001-2013
<ソフトウェア機能>
・解析モード
・統計モード
・統計比較モード




・ユーザー定義




・テストレポート
・対応言語
・テストスピード

自由分布、R-R 分布、対数正規分布、メッシュ番号分類
体積分布、数量分布
複数のサンプルテスト結果
異なるバッチのサンプルテスト結果
処理前後のサンプル
異なる時間のサンプルテスト結果

粒径によるパーセンテージ計算
パーセンテージによる粒径計算
粒径に伴うパーセンテージ変動計算
異なる産業向けの粒子計測

Word / Excel / Photo(Bmp) / Text etc...
英語
< 1min / 回

アプリケーション

  • セメント,セラミック,医薬品,ドープ塗料,染料,充填剤,化学製品,触媒,埃,添加物,駆除剤,爆発物,グラファイト,感光材料,燃料,金属と非金属粉,石灰,カオリンとその他パウダー用

関連製品