【無料WEBセミナー】第12回:~見えない物を可視化する~
ポータブル・デジタルシュリーレンのご紹介

第12回:~見えない物を可視化する~ ポータブル・デジタルシュリーレンのご紹介

セミナー概要

会期 2020年12月11日(金) 14:00〜14:30予定
テーマ 第12回:~見えない物を可視化する~ ポータブル・デジタルシュリーレンのご紹介
会場 WEBセミナー ※Microsoft Teamsで開催予定
参加フォーム https://www.seika-di.com/contact_products/20201211_webseminar.html
2020/12/10(木) 18:00締め切り
問い合わせ 西華デジタルイメージ株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂4-9-6 タク赤坂ビル
TEL:03-3405-1280 FAX:03-3405-1282
E-mail: info@seika-di.com 

セミナー詳細



時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

コロナ禍で生活様式が変化する中、いかがお過ごしでしょうか。
弊社では様々な流れに対する可視化・計測のご提案をさせて頂いておりますが、
本テーマではシュリーレン法を用いた新たなシステム【ポータブル・デジタルシュリーレン】をご紹介させて頂きます。

シュリーレン法は1859年にドイツのJean Bernard Leon Foucault(フーコー)がナイフエッジを用いた光学的な手法を考案いたしました。
本手法の誕生から実に150年以上を経過してなお、シュリーレン法は現代において広く活用され、
エンジン燃焼時の混合気の混ざり具合や、燃料の流れ、翼の気流の可視化、放電の熱流動、熱伝達、
対流、衝撃波、ビル風の可視化等々、流れにおける可視化研究に大いに役立つ技術として、多用途に活用されております。

さらには人間の吐きだす呼気を可視化するツールとして、大きな注目を集めております。
しかし従来のシュリーレン法では、光学系の制約から、広範囲・持ち運びなどは困難でしたが、
ご紹介のシステムは【誰でも・簡単に・持ち運び可能】を実現した画期的なシステムとなります。

本セミナーでは、そのポータブル・デジタルシュリーレンシステムにフォーカスし、
可視化の参考事例を交えて皆様にご紹介をさせて頂きます。
みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。


セミナー内容は以下の通りです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

①  シュリーレン法のご紹介
②  ポータブル・デジタルシュリーレンの概要
③  計測事例ご紹介

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

セミナーの最後に質疑応答の時間を設けさせていただきます。
また、セミナー終了後に別途お打ち合わせもご希望いただければ対応いたします。



■ご参加の申し込みはこちらより!  2020/12/10(木) 18:00 締め切り


皆様のご参加をお待ちしております。
それでは今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 

※今回のWebセミナーはMicrosoft Teamsで開催する予定としており、セミナーの最後に質疑応答の時間を設けるため、会議形式での運用を予定しています。
 Teamsにご参加頂くにあたりゲストでの参加をお願いすることとなり、その際に会議用の名前を登録する必要がありますが、
 こちらの記載については本名、ニックネームのどちらでも問題御座いません。
 システムの都合上、ご登録頂いている名前(ニックネーム)が参加者皆様に開示されますので、予めご承知おき下さい。

製品ページ・関連ソリューション

今期納品可能製品