西華デジタルイメージ > 映像機器 > 4K・8K対応デジタルシネマカメラ

4K・8K対応デジタルシネマカメラ

Digital Cinema Camera

西華デジタルイメージでは、4Kカメラの先駆けなったREDONEを同社の創業時より取り扱ってきました。長年プロフェッショナル向けの機材を取り扱ってきたノウハウを生かし、実現が見えてきた4K、そして8K解像度での撮影に対応した様々なデジタルシネマカメラをお取り扱いしております。

4Kとは

4Kとは、画素数が4,000pix × 2,000pix程度の解像度を持つ動画の総称です。現在テレビ放送や一般的な映画館で上映されている画素数の規格として用いられているHD解像度に対し縦横それぞれ2倍数づつの計4倍の情報量を持っております。画素数の規格として、DCI 4K (4,096 × 2,160) とUHDTV (3,840×2,160)の二種類があります。REDの他にも4K解像度に対応した機材を取り揃えております。その用途は映像表現のみならず、自動運転向けのシミュレーション画像など産業用途にも応用発展が行われております。

8Kとは

8Kとは、4K解像度のさらに4倍の情報量を持つ、画素数が8,000pix × 4,000pix程度の解像度を持つ動画の総称です。画素数の規格として、DCI 8K (8,192 × 4,320) と8K UHDTV (7,680×4,320)の二種類があります。このうち、日本では8K UHDTVは、SHV(スーパーハイビジョン)とも呼ばれます。

いわゆる画素数として3,000万画素を超えるため、スティル写真との境界線がもはやなくなるほどの情報量です。平均的な人間の目の分解能と同程度の解像度と言われており、映像と現実の境界線となっている解像度です。そのため、平面画像でありながら8Kの映像では立体感をも感じる映像となります。驚異の解像度を実現しながらボディは極めてコンパクトな、REDのフラッグシップモデル、RED MONSTRO 8K VVとHELIUM8K S35の2機種をご紹介します。

8K対応デジタルシネマカメラ スペシャルピックアップ

RED DSMC2 Brain MONSTRO8K VV

RED DSMC2 Brain MONSTRO8K VV

2017年に衝撃のデビューを果たした、REDデジタルシネマのハイエンドモデルがMONSTRO 8K VV (モンストロ)です。センサーサイズはビスタビジョンとなっており、RED史上としても、8K解像度のカメラの中でも世界最大クラスとなっております。

解像度とセンサーピッチのバランスに非常に優れ、広いダイナミックレンジと少ないノイズレベルを実現しています。8K撮影時でも60fpsでの撮影ができるため、MONSTROの生み出す映像はまさに現実がそこにあるような、これまでにない新たな表現が可能となっており、クリエイターの皆様の感性に直撃的訴えかけます。

8Kの世界は遠い未来の話ではなく、現実的な手が届くところまで来ております。

※RED各製品は2018年5月より価格改定を実施、よりお求め安い価格となりました。

4K・8K対応デジタルシネマカメラ ラインナップ

JVC

SDI Blog

≪西華デジタルイメージ 半期決算セール開催のご案内≫

西華デジタルイメージ 半期決算セール開催のご案内 平素は格別のご厚情を賜わり深くお礼申し上げます。西...

【メディア掲載情報】映画テレビ技術/映像新聞にREDとHawak-Woodの記事が掲載されております。

【メディア掲載情報】 映像SG 営業担当町井です。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。残...

舞台照明いれかえ日誌【総集編】これを読めば舞台照明をLED化する方法がわかる!

赤坂ワンダー劇場(築37年)の設備保守管理を担当する寺田が、古くなった舞台照明のLED化に挑む「舞台...

舞台照明いれかえ日誌【第4話】いよいよ設置-舞台照明LED ReLAMP

築37年の赤坂ワンダー劇場で設備の保守管理を担当する寺田は、老朽化した照明のいれかえに取り組んでいた...

その他映像機器のご案内

製品に関するお問い合わせ

ご購入・資料請求はこちらよりお問い合わせ下さい。