PIV 粒子画像流速計

⊿T アキュレイト

商品イメージ1 商品イメージ2 商品イメージ3 商品イメージ4 商品イメージ5
商品イメージ1
  • PIV,KoncertoⅡ
PIV 粒子画像流速計ΔT自動補正機能

⊿T アキュレイト

Δt自動補正機能は超高速流や微小スケールの高速流等、極小?tが必要な計測で高精度を保証する機能です。

超高速流や微小スケールの高速流等ではダブルパルスの間隔(Δt)を100ナノ秒またはそれ以下まで短くする必要があります。このような時間スケールではレーザーのビルドアップタイムの誤差やさまざまなタイミング系微小誤差が相対的に大きくなり、セットしたΔtと実際のレーザーパルス間隔との差が10~20%に達することもあります。

Δt自動補正機能は、実際のダブルパルスレーザー光の間隔を高速フォトディテクターで直接測定し、測定値を自動的に速度計算値に反映する機能です。これにより超高速流でも通常の計測と同様の高精度計測を実現します。

製品特徴

  • システム構成,高速フォトディテクター,ダブルパルス間隔計測ユニット,Koncertoオプションソフトウェア
製品特徴

ビルドアップタイムとはパルスレーザーでQスイッチ信号が入力されてから実際にレーザーパルスが発振されるまでの時間のことで、機種によって20~70ナノ秒程度です。ビルドアップタイムはレーザーの発振状態によって僅かに変化するため個々のレーザーによって異なります。ダブルパルスレーザーでは独立したレーザーを2台使っているため個々のレーザーのビルドアップタイムの差が生じる場合かあり、この時間差がビルドアップ誤差です。Δtが100ナノ秒以下のような超高速流の計測ではビルドアップ誤差が相対的に大きくなるため、実際のレーザーパルス光の間隔を測定し補正する必要があります。

製品特徴

⊿T アキュレイト ダイアログ

製品特徴

ΔT自動補正中のKoncertoタイミング設定画面

関連製品