燃焼・流体用計測機器

2D-LDV(レーザードップラー流速計)

商品イメージ1 商品イメージ2 商品イメージ3 商品イメージ4 商品イメージ5
商品イメージ1
商品イメージ2
商品イメージ3
商品イメージ4
  • 流速,風洞,エンジン,タービン
メーカー名:MSE
燃焼・流体用計測機器軽量、小型の2D-LDVシステム

2D-LDV(レーザードップラー流速計)

2D-LDV(レーザードップラー式流速計)は、液体、気体等の流れ場の各ポイント毎の速度を非接触、高時間分解能計測が可能なシステムです。
2次元の波長の各レーザーを同一プローブ内部の発光系側に内蔵しており、光軸調整不要で、速度キャリブレーションも不要なフルターンキー方式です。
風洞試験、水槽試験、回転体周辺気流/水流解析等に最適です。

製品仕様

測定可能速度範囲
-50~600m/秒
測定精度
99.7%以上
レーザー出力
130mW x 2
波長
658nm、785nm
測定ボリュームサイズ
(X x Y x Z)
30 x 60 x 200 um
100 x 200 x 1200 um
(作動距離による)
レーザークラス
?b
動作環境
0~55℃
主な仕様

流れ場の非接触計測 , ポイント計測 , 光軸調整不要(DPSSレーザー内蔵型) , 高速時系列データ取り込み・解析 , 1プローブの後方散乱システム発光系+受光系システム , 小型プローブシステム等の豊富なラインナップ

製品動画

アプリケーション

  • 風洞,自動車,航空機,回流水槽,造波装置,可視化エンジン 風洞空力実験の車両・航空機周りの流れ, 装置内の流れ(冷却効果), 回流水槽、造波装置の水の流れ, 可視化エンジン内の流れ

関連製品