TOP > 計測機器 > PIV 粒子画像流速計

PIV 粒子画像流速計

PIV 粒子画像流速計とは

PIV 粒子画像流速計

ある空間上に滞留する粒子に対しシート状のレーザー光をごく短時間の間に2回連続で照射し、そのシート内の範囲を高感度カメラによりレーザーと同じタイミングで撮影することにより、連続する2枚の粒子群画像を取得します。この画像の同一エリア(インターロゲーションウインドウ)内の粒子群をPIV独自のアルゴリズム(相互相関)により解析することによって速度ベクトルを表す2次元的なデータを取得することができます。これがPIVと呼ばれる手法となります。
PIVは2次元的なデータ(2D2C)だけでなく、ステレオ撮影を利用する事により2次元3成分(2D3C)のデータを取得する事も可能です。

特徴

特徴
  • 西華デジタルイメージで開発したPIV専用制御・解析ソフトKoncertoⅡにより計測から解析までを同一ソフト上で完了する事ができます
  • PIV解析アルゴリズムはドイツ航空宇宙局(DLR)で開発された最先端のディフォーメーションコリレーションを採用しており、高精度のPIV解析が可能です
  • 計測対象に合わせて各種レーザー、カメラ(高感度カメラ、高速度カメラ)を選択し、KoncertoⅡによる制御が可能です。
  • ラージスケールPIV、時系列PIV、マイクロPIV、ミリスケールPIVなど多様な用途のPIV計測が可能です。

用途

用途
  • 各種風洞・水槽実験
  • エンジン、燃焼器
  • ファン、タービン、回転機
  • 燃料電池スタック
  • クリーンルーム、室内流動
  • 噴霧、スプレー
  • スポーツ流体
  • 血液流れ
  • マイクロTAS

PIVソフトウェア KoncertoII

PIVソフトウェア KoncertoII

Koncertoシリーズは、ハイレベルのシステムコントロール性能と高度な解析能力を併せ持った統合型PIVソフトウェアです。各種計測用カメラ、レーザー、周辺機器を幅広くサポートしており、PIVやPLIF等のようなレーザー計測・イメージング計測のプラットフォームとしてデザインされています。
各種計測用カメラ、レーザー、周辺機器を幅広くサポートしており、PIVやPLIF等のようなレーザー計測・イメージング計測のプラットフォームとしてデザインされています。
アルゴリズムにはドイツ航空宇宙局(DLR)にて開発された最先端のディフォーメーションコリレーションの他、 時系列PIVで正確な周期性の解析が可能で時間的補間機能も持つ時系列PIV用アルゴリズム、マイクロPIVで時間平均せずにブラウン運動の影響を除去し時系列解析を可能にするSAT-PTV等もラインアップしております。

国産初の本格的な統合計測プラットフォーム

PIV解析、PLIF解析をはじめさまざまなイメージング計測をサポートすることが可能な構造です。

様々なカメラをサポート

高感度カメラ、高速度カメラをはじめさまざまなタイプのカメラをコントロールすることが可能です。KoncertoⅡはカメラやコンポーネントの増設に対応しやすい基本構造になっており、カメラ等の新製品が開発された場合にもいちはやく対応できます。カメラの対応状況についてはお問い合わせください。

Koncertoユーザーサポートサイトのご提供
Koncertoユーザーサポートサイトのご提供

KoncertoⅡ・KoncertoLIFの最新情報のご紹介や、マニュアル・更新プログラムのダウンロードなどがご利用いただけます。

システム一覧

構成品一覧

関連製品のご紹介

製品に関するお問い合わせ

ご購入・資料請求はこちらよりお問い合わせ下さい。